ウエディングドレスのレンタルで結婚式を快適に

配偶関係

kekkonsiki

結婚とは、婚姻関係がある妻と夫の結合を指しています。
1945年に終戦を迎えてから、日本における結婚の歴史は大きく変化しました。
憲法では「結婚は当人同士が決める事であり、夫婦は平等である」とされています。
しかし、そう理念通りに行くわけもなく、戦前の家制度のなごりや社会的な習慣や人間の意識や偏見によって男尊女卑の傾向は根強く残っています。
また、近年ではシングルを選択した生き方や婚姻届を出さない事実婚のように、結婚と言う行為に関しての捉え方や考え方が多様化している傾向にあります。

歴史

古代~平安時代の日本では、恋愛は非常におおらかで男女の関係は平等となっていました。
また、当時は源氏物語にも書かれているように夫が妻の実家に通う通婚を経てから同居するのが一般的でした。
当時の女性は待つだけで、夫が愛人を作ったり通ってこなくなれば即離婚となる理不尽な物でした。
鎌倉~戦国時代になると、女性の地位が低下していきます。
鎌倉時代に妻が夫の家に嫁入りすると言う習慣ができます。
嫁入りする事により、妻は夫の所有物と考えられるようになりました。
江戸時代に入ると、幕府から上下の秩序を守る為に家を全ての基礎としました。
それにより、女性は父に絶対服従となり、結婚すれば夫に絶対服従、老いてからは息子に絶対服従となるより低い地位におかれるようになりました。
子供が生まれなければ即離婚であり、妾の子供を育てる事もありました。

現代

rental

明治~大正時代になると、外国や異なる身分の人との結婚も認められるようになりました。
しかし、まだ明治時代でも様々な権利は主に男性にあり、女性には責任や義務しか生じないと言う理不尽な物でした。
女性は夫の許しがなければ大きな買い物も出来ず、借金もできないような世の中となっていましたが、そこから男女平等にしようと言う動きが現れ、現代のようになったのです。


結婚ナビ

ニュース

2014/03/27
憧れを更新
2014/03/27
相場を更新